1/100 SAVIOUR GUNDAM ver.AMG  

  1/100MGフリーダムおよびMGストライクのニコイチフレームに新規スクラッチのセイバーガンダムの外装を被せて製作しています。今回のテーマは、何と言ってもモビルアーマー形態への完全変形を、前回ジャスティスやストライクフリーダムのようなモビルスーツ形態のプロポーションを維持しつつ、再現できるかに尽きます。なおかつ、変形機構を要するため、新規作成の外装パーツに強度を持たせ、コクピットハッチまで再現し、AMGシリーズの名を冠する以上、前作のようにハデなアクションポーズも限りなく劇中イメージで再現できるよう、現在私の持てる技量を総動員しています。
  ちなみに、某模型雑誌を大いに参考にしていますが、今回、MGストライクも用いているように、当HP独自のオリジナリティーも出せるよう、製作してみました。

  実際に使用したキットは
    ・ MGフリーダム
    ・ MGストライク
    ・ 1/100プロビデンス
    ・ 1/100ジャスティス
    ・ 1/144HGガイア
    ・ 1/100カオス
    ・ 1/100デスティニー
    ・ MGゴッドガンダム
    ・ MGSガンダム
    ・ MGνガンダム
    ・ MGGP01
  という事になります。何とも殿様モデリングですね(笑)また一部、以前に作った1/100FAZZの余ったキャストパーツも使用しています(フェイス、両肩ダクト部)。
  後は市販のディテールアップパーツ、エポパテ、ポリパテ、プラ板等により、形状修正しています。

 また、MA形態時のプロポーションは、1/144HGキットでは、上下に分厚すぎるので、ZおよびZプラスのウェーブライダー、ウェーブシューターを参考に、上下に薄くかつ航空機イメージで製作しています。

 今回は新造パーツを全てキャストに置き換えて、強度対策とする予定です。従って左右で共通パーツとなる物は、それぞれ一組しか製作しません。
 
もしも1/100でキット化されても、それには負けないように、試行錯誤しました(笑)

 以下に詳しく画像と共に説明しています。

 (注)表面処理、洗浄前に撮影していますので、削りカスまみれですがそのへんはご勘弁を。。。また、ゲート跡など、まだ未処理な部分もあります。
  この後、画像から更に手を加えている部分も少々あります。


■頭部です。スクラッチのため、色々なキットの複合体です。まずヘルメットは1/100ジャスティスの物を加工しています。ほお当てにはMGゴッドガンダムの物を移植。耳のダクト部はMGフリーダムです。フェイス部分は、これは元々MGゴッドガンダムの物を、以前FAZZ用に微調整したキャストパーツの予備を更に加工して用いています。具体的には口部分の面にエッジを持たせ、クマドリ部分をポリパテで調整しています。アゴはプラ板で新造です。額の赤い部分およびブレードアンテナは1/100デスティニーから。アンテナは可動して折りたためます。最後にツノは、ジャスティスの物の大きさ長さを参考にプラ板から新造です。完成時に透明レンズをハメ込むため、切り欠いています。

 

  


■頭部はこの様な感じです。首の長さも含め、特に延長工作などは必要無しのようです。なかなか凛々しい顔つきになったと思いますが、どうでしょうか?

■コクピット開閉の図です。胴体及び腰フレームにMGストライクを使用しているので、コクピット再現が可能になりました。上部ハッチはプラ板による物です。
  また胸中央ブロックはMGGP01を加工して移植しています。
  両肩は設定よりも少し上に盛り上げてみました。
  胴体外装部分は、MGストライクの物をセイバーの形状になるよう、チマチマと修正しています。
  この後、コクピット両サイドのグレー部分をセイバーのように、形状変更する予定です。
  フンドシ部分はこれまたMGGP01の物で、フロントアーマーはMGフリーダムの物を画像のように加工して使用しています。
  また、見ての通り、サイドアーマーは1/144HGガイアから持ってきています。六角形のモールド部分は、MGフリーダムに丁度いいものがあったので、遠慮なく(笑)




 
■胸上部です。両肩ダクト部はどう作ろうか、かなり悩みましたが、ジャンクパーツ(墓場)をアサっていると、何とまあ!ピッタシバッチシのパーツがあるじゃねいですか!以前作ったFAZZは、キャストに置き換えていたので、その時、型抜きに失敗したボツパーツを何かに使えるかも。。。と思って捨てずにお墓に入れていたのが幸いでした(笑)このダクトは1/100ZZのスネ後ろ部分のダクトです(笑)ダクト内部も二重モールドになっていて、儲けモンでした(笑)後ろのMA時に機首となる部分はMGSガンダムの物を加工しています。収縮機構は下のほうで解説しています。


■胴体部後部です。機首となる部分の収縮機構がわかると思います。スタビライザー部分の付け根には、MGストライクの青いパーツをほぼそのまま流用して、市販のポリユニットで接続しています。両サイドの穴にはプラズマビーム砲がマウントされます。

 


■腕部です。肩アーマーはMGフリーダムのアーマーにプラ板、エポパテにて形状を出しています。サーベルはMGフリーダムの物です。下腕はプロビデンスの物をフリーダムの外装の上から被せています。ここは強度上の問題から、手首の収容機構はオミットしています。また、ヒジ部分はフレームの露出をそのまま残して、シールドのマウントが出来るようにしています。


■腕部解体の図です。まあ、このようなパーツ分割になってます。
 


■胴体部解体の図です。基本的にMGストライクからの改造です。スタビライザーはプラ板工作で。


■腰アーマー裏です。フンドシ部はMGGP01から、フロントアーマー、リアアーマーはMGフリーダムです。リアのフンドシ部はストライクの物を使って、スタンドの接続ケーブルが挿せるようにしています。これは、MA変形時にもシールドをマウントさせるための策です。サイドアーマーは1/144HGガイアのものにプラ板とエポパテを継ぎ足して製作。この画像より、後に股関節部分をアクション用に別の物に置き換える予定です。

 
■脚部です。ここが一番大変だったような気が。。。。SEED系はフトモモが太いほうが、アクション時に最も味が出るので、MGフリーダムの外装にエポパテを盛って形状を出しています。実際には太さは変わっていないのですが、面取りの違いだけで、こんなにも印象が違って見えます。これは、ジャスティス、ストフリも同じような事をやってます。
  スネはプロビデンスの物にやはりエポパテを盛って製作しています。既存のセイバーは、ここの内側外側は、左右対称になってますが、今回はあえて、Z、Zプラスのイメージで、非対称にしています。MA形態時に両足が平行ラインで直線的に見えるため、MA時に最も効果が出ている気がします。
  足首は、つま先はフリーダムそのまま、かかとはフリーダムの物をプラ板で囲って、高くし、ヒールの形状にしています。
  そうそう、ヒザアーマーはフリーダムの物をエポパテで微妙に形状変更していますが、スライド機構は、そのまんま残しています。


■脚部の展開図です。フレームは、フトモモ部分の左右前後共に逆に使う事で、変形機構が再現できます。あとは見ての通りです(笑)右上の白いパーツはMGνガンダムから持ってきています。

 
■プラズマビーム砲です。これはプラ板と三角棒から出来ています。複製後の重量を考慮して、真中から真っ二つに竹割り構造です!従って、中は空洞です!羽はMGストライクの物にプラ板を継ぎ足して、ポリパテで慣らしています。


■シールドとビームライフルです。シールドは、MGνとカオスのパーツを組み合わせて、おおまかな形状を出し、エポパテにて整えています。赤いパーツはフリーダムの物です。ライフルは先端部とスコープ、グリップをMGフリーダムから。あとはプラ板とキャスト棒、パイプ等で出来ています。

 
■シールド側面です。非常にボリュームがあるのがわかるでしょうか?当初は重量を考えて、薄くて軽い物だったのですが、どうにもセイバーのシールドっぽくなかったので、思い切ってボリュームアップして、こんなんなっちゃいました(笑)。


■上記の様な工作終了後、フレーム以外のほぼ全てのパーツを一旦キャストに置換し、再度仮組みを施したモノが左の画像です。

  一先ず四肢が揃ったという事で、全体のバランスの再チェックが目的なので、接着および補強等、まだ何も行っていない段階です。
  そうそう、この画像の段階で、上記工作から更にフレームに改修を行っています。
  どこかと言いますと。。。
  まず、首を数ミリ延長しています。
  次に胴体。ここに関節技を埋め込んで可動耐久性を上げています。もちろん変形には差し支え無き様、配慮しつつです。
  最後に、ここが一番肝心な所なんですが、股関節可動部分です。
  ここは前作までは単に関節技の応用で対処していましたが、もっと安定したスムーズ可動で、なおかつ耐久性もグレードアップするには。。。といろいろ実験してみた結果、球体関節の応用が最も優れた性能を見せたので、これを採用しています。
  もう、抜群の可動性能で、今後、ver.AMGのスタンダード工作にしようと考えてます(笑)工作方法の詳細は、また後日という事で。。。(笑)

■後面図です。プラズマビーム砲の長さが良くわかる図です。
  これだけ長いですが、接地させてもギリギリ接地面には届きません。これほど長くした理由は、MA形態時に最もバランス良く、アニメスタイルに近づけるよう、試行錯誤した結果です。これにともない、左右の羽も幾分か大型化しています。(上記参照の事)
  あとは、ビームライフルも、MGおよびHGシリーズよりも、大型になりますね。

■セイバーと言えば、お約束のイラストポーズです。
  フレーム可動部分の改修および変更により、こんなポーズも無理なく余裕をもって取れちゃいます(笑)
  完成時には、接着および補強でガチっと固めますので、更に過激なポージングが。。。
  まぁ、完成後のポーズ撮影にはいろいろ案を考えていますので(笑)
  ちなみに、スタンドはMGストライクのモノを加工して使っています。あらゆるポーズ付けに対応する様、スタンド自体も x y z 3軸に対して表情付けが可能になってます。更にMS、MA両形態で展示可能にるるべく、スタンドアームの折れ角も調整しつつ、重量への耐久性もABS素材で対処していますので、手で可動させなければ曲がりません!(笑)
  これでMS、MAどちらの形態でも、思いどうりの表情付けで展示できます。
■側面図です。
  私はMSを製作する時、プロポーション、可動の次に最も気を使うのが、前後のボリュームです。どのMSもキットストレート組みでは前後に薄っぺらな気がしてならないため、どうしてもボリュームアップをしちゃいます。これは前作のインパルス、ジャスティス、ストライクフリーダム全てに共通しています。
  前後のボリュームをバランスを壊さない程度ギリギリまで増す事で、立体栄えすると思うんですが、いかがなものでしょうか?

■MA形態です。
  Zガンダムのウェーブライダーや、Zプラスのウェーブシューターのプロポーションを随分参考にしました。もちろん1/144HGキットも参考にしていますが。。。
  航空機イメージを如何に醸し出せるかが、ポイントだと思いつつ、機体上下厚を出来る限り薄くする事をテーマにシルエットを作りました。
  もちろん、シールド、ビームライフル以外の差し替え無しの完全変形です。

 スタンドに刺さっていないのは、まだ接着や補強をしていないので、パーツがボロボロ落ちてしまうため、面倒くさくて。。。(笑)

■MA真正面図です。
  よくアニメやイラストで見かけるので、思わず撮影しちゃいました(笑)
  前述の通り、接着や補強をまだしていないので、歪んだりしてヨレヨレな感じですが、完成時にはガチっといきますんで、ご心配なく(笑)
  なかなかイイ感じになったような気が。。。